借金の取り立てから逃れる方法

034借金の取り立てといっても、大手の消費者金融などまっとうな金融業者でしたら、そんな暴力的な取り立てはありません。

「ご入金が遅れているみたいですけど?」といったかんじから始まります。

しかし、あんまりつづくと、お手紙が来たり、電話も頻繁にかかってくるようになります。そのうち自宅までお伺いに来るかもしれませんが、ビラに「借金返せ!」と貼り紙を貼られたり、ドアを蹴っ飛ばされたりはしません。

法律で禁じられているからです。

職場に来ることもありませんし、夜8時以降、朝9時前の電話も禁じられています。

でも、プレッシャーにはなりますね。いつもビクビクしていないといけません。

これがヤミ金となると、はじめから違法なので、ところかまわず迫ってきます。が、あまり正体を見せたくないので、実際にやって来ることは少ないようです。

来たら警察を呼ぶこともできます。借金が払えなくて追い込まれていますといえば、民事ですので警察は介入できませんが、違法な取り立てを受けているといえば、刑事事件です。

 

精神衛生によろしくない取り立てから逃げる方法は、裁判所に破産の申請をしたり、弁護士や司法書士に債務整理を依頼することです。

法的処理の受任したという通知の手紙を、債権者に知らせると、もう借金の取り立てはできないのです。

早めに相談して楽になることをおすすめします。

一人で悶々と悩んでいるより、頼れる人がいたほうが絶対にいいです。

>>ヤミ金の無料相談はコチラ

コメントを残す