借金問題は無料で相談できます

弁護士さんへの借金の相談は無料でできます。

031

弁護士への相談は高いイメージがありますね。30分で5000円とか1万円とか。

弁護士報酬も自由化になっておりますので、事務所によって費用はまちまちですが、相場はそんなものでしょう。

しかし、借金問題の相談は無料の事務所が多いです。無料でないと相談にも来れないからですね。

刑事事件とか事故とか訴訟とか離婚とか、そういった相談とはちょっと違うのです。

 

 

市町村など公的な機関でも相談窓口があります。窓口は役所でも相談を受けるのは、弁護士です。相談のあと担当弁護士に正式に依頼すると、費用はかかりますが、事情はわかっておりますので、後払いや分割払いも頼めます。場合によっては、弁護士費用を立替してくれる制度もあります。

弁護士費用の分割払いと聞くと、また借金が増えるのか、という印象を持つ人もいるかもしれませんが、他の借金がすっぱり支払わなくて良くなったり、減ったりするわけで、ここをケチっていてはいけません。

むじんくんは黙ってお金を出してくれて楽かもしれませんけど、弁護士には洗いざらい話さないといけないので辛いかもしれませんけど、今後の人生をちょっと想像して、どちらに行くのか選びましょう。

弁護士さんはけっしてバカにしたり怒ったりしないし、恥ずかしいこともありません。日頃の業務で馬鹿な人は見慣れているからです。

同情もしてくれるし親身に心配してくれるでしょう。まあ、あんまりわがまま放題でモラル欠如の人は多少怒られるかもしれませんが、叱ってくれる人は人間味のある良い弁護士さんです。

相談相手の人生や、家族や従業員のことまで心配してくれて怒ってくれます。

私も、会社の存続か債務整理かというところで、グダグダいっていたら「時間の無駄」と怒られました。おかげで相談してからの動きは速かったです。やることも見えてきて精神的にも楽になりましたね。

 

サラ金屋さんは、無計画にバカな借り方をする客を怒ったりしません。怒るのは返済が滞った時と過払い請求をした時です。考えているのは相手のことではなくて自社の利益と自分の給料だけです。返済さえできていれば、どこで借りようと、家庭が崩壊しようと死のうと知ったこっちゃないのです。

銀行でも信用金庫でも基本的には同じですね。

だから、金融業者に相談しても解決しません。金融業者とするのは相談ではなくて交渉です。自分の代わりに交渉してくれるのは弁護士です。

というわけで、相談は弁護士、もしくは司法書士にしましょう。(司法書士のほうが費用が安いですが、弁護士は裁判所での代理権があるので、任せられる部分が大きいです。)

 

 

コメントを残す