借金パワーで金持ちになるという考え方

0-51借金はパワーになります。キャッシュがあるといろいろなことができるからです。

設備投資をして事業を拡大したり、不動産を買って収益物件にしたりすることです。借金の金利以上に儲けが出ていれば、返済にも問題はありませんし、さらに借り入れして、どんどん設けも大きくしていくことができます。

同じ借りるにしても、不足を補うような借金は、よくないです。ただでさえ、お金が足りないところに金利の支払いが乗りかかってくるので、ますます苦しくなります。私はこれでした。

借り入れするときの返済の計画というのは、何をどうやりくり節約して返済分を捻出しようか、というよう消極的なものではありません。それは、債務整理するときの返済計画です。

この借金で、こういう新しいことをして、その儲けがこれだけ見込めるので、そのうちから返済に当てて、まだ余っているのでその次にこれをやっていきます、というのが、あらまほしき事業計画です。

こういうプラスの計画に融資してくれるのが銀行です。サラ金は、マイナスを補うための借金です。

「ご利用は計画的に!」といいますけど、サラ金からお金を借りようという人で、そんなプラスの計画を立てている人がどれだけいるでしょうか。

とりあえず、間に合わせ、埋め合わせの為の借金は、解決にならず苦しみが大きくなるばかりです。

手遅れにならないところで、一括返済して断ち切ったほうがいいです。一括返済できなければ、どうせこの先も返済できないので債務整理したほうが良いです。

パワーになる借金の方ですが、これもいい流れに乗っているうちはどんどん大きくなっていきますけど、どこかでつまづきがあったときは怖いです。一気に転落します。ふくれあがってマイナスになった時が怖いので、調子に乗り過ぎないことも大切ですね。

 

コメントを残す