借金で自殺することはないのです

現代の日本で借金苦で自殺する必要は全然ありません。

0-50

日本人は年間3万人が自殺するという統計があって、人間関係の悩み、健康の悩み、お金の悩みが三大原因だそうなのですが、借金で悩んで自殺する必要はないのです。

だいたい鬱になったり自殺するのは真面目な人といいますが、対策方法を知らなくて、相談もしなくて、悩むばかりという人です。

ドカンと大きい借金をする人は、自殺はしません。何億円とか、死んでもどうしようもなくて、開き直るしかないんですね。

これが数百万とか、数千万くらいですと、死ねば生命保険で残された人が助かる、なんて思ったりするのかもしれませんが、自殺は基本的に保険金がおりませんし、それで残された人が助かったり喜んだりもしないでしょう。

 

借金は法律で解決できます。

日本では、借金が返せなくても法律で守られています。生まれ変わらなくともこの世で再起できるようになっております。

裁判所に自己破産の申立をして、弁済の免責を認められれば、借金は返さなくてよくなります。

自己破産するまでもなく、債権者と話し合って、負けてもらうという方法もあります。任意整理といいます。裁判所に入ってもらう特定調停もあります。

法律無視の闇金など、元金さえ返す必要はありません。ヤミ金は犯罪です。

数百万程度のサラ金からの借金だと、督促のプレッシャーで多重債務に陥って精神的にめげてしまいますが、法律家、弁護士や司法書士に債務整理を依頼すれば、督促はストップさせられます。

数千万以上の銀行からの借り入れだと、返せなくなったら銀行の担当者のほうがビクビクしてます。

世の中、知識があればなんとかなることがたくさんです。知識がなくても、専門家にお願いすれば解決できることもたくさんあります。私も5000万円ほどありましたが、プロに相談してなんとかなりました。

やってみれば、こんなに楽になるのか、と驚きます。

自殺や夜逃げを考える前に法律のプロに相談することをおすすめします。

>>「お金の悩み」解決サポート

 

コメントを残す