債務整理とは

借金で自殺する必要はありません

034情弱(情報弱者)という言葉がありますが、借金で苦しんでいる人は、借金に関する情報を知らなすぎるというところがあります。法律の知識があるのとないのでは、人生大きく変わりますね。

知り合いが借金で苦しんで死にそうという相談を受けたことがあります。お金がなくって、心労のあまり寝込んでしまっているという状態でした。借金額は、300万円程度。

300万で死ぬことはないよなあ、と思いましたが、意外と借金苦で自殺する人の借入額は、そのあたりが多いようです。1億円の借金!とかになりますと、開き直ってタフになるのかも。

もう自己破産しかない!と泣いておりました。

私には義理のない人で、お金は貸せないので、弁護士か司法書士に相談しなされ、といくつかの事務所を教えてあげました。つてのつてを頼れば安心という気持ちがあったようですが、債務整理専門の事務所が話が早いですね。

>>アヴァンス法務事務所

借金解決方法は自己破産だけじゃない

この手の人は、借金に困ったら「自己破産」しか思い浮かばない人も多いですが、自己破産以外にもいろいろな債務整理の方法があります。

消費者金融・商工ローン・サラ金などの金融業者に、弁護士から個別に交渉してもらって借金の支払を負けてもらう「任意整理」、裁判所に入ってもらって現実的に返せる範囲に調停してもらう「特定調停」、住宅ローン以外の借金額を1/5程度に減額してもらって3年で返していく「個人再生」など、借金の状況と仕事や家庭の状況を鑑みて、一番ふさわしい方法を選ぶのがよいです。

自分では、判断するのは難しいですので、専門家に相談するのがよいでしょう。

専門家に相談すれば、払いすぎていた金利が戻ってきて、借金がなくなっていた! という例も多いです。(過払い金返還)

相談だけなら無料でできますし、家族や会社に秘密がバレることもありませんから、悩んでいないで早いところ相談することをおすすめします。

正式に依頼すれば返済や督促もストップできます。

>>借金の取り立てから逃れる方法

コメントを残す