任意整理のメリットとデメリット

裁判所を通さず債権者と交渉する任意整理にもメリットとデメリットがあります。

012

任意整理のメリット

●任意整理のメリットは裁判所を通しませんので、官報には載らないということです。(載ったところでどうということはないですが。)

●自己破産の場合は、すべての債権者に公平に損を被ってもらうことになりますが、任意整理は相手を選ぶこともできます。親戚や友達にはちゃんと返済して、悪徳業者の借金はまけてもらおうとか、その逆もできます。

●裁判所は通しませんが、法律の専門家である弁護士や司法書士に委任することで、督促や返済を一時止めることができます。これだけでも精神的に楽になります。

●過払いがあるようなら取り戻せるかもしれません。返還請求もプロにお任せしましょう。

任意整理のデメリット

●やっぱり借金を負けてもらったりすると、金融機関の信用情報に載ります。新たな借り入れはしづらくなりますが、借金生活とは縁を切るチャンスです。

●弁護士や司法書士にお願いすると、費用はかかります。債権者一社あたり何万円であったり、借金減額の何%の成功報酬だったりしますが、費用をかけても借金が減るほうがいいに決まっておりますので、デメリットとはいえないでしょう。

●任意整理では、まるきり借金がチャラになるわけではありません。減額して現実的に返せるようにしてくれれば、破産してまるきりとりっぱぐれるよりマシでしょう? と交渉するわけでうので、その後は誠実に約束を守って返済していく必要はあります。

ただし、過払い金があって取り戻せるようなら、債務者と債権者の立場は逆転ですので、強気で交渉すればよいですね。

コメントを残す