過払いはいくら戻るのか

過払い金はいくら戻ってくるのか、計算できるものでしょうか。

0-86

引き直し計算とは

引き直し計算は、借金をした時の金利を、法定金利に直して計算し直すことです。サラ金のグレーゾーン金利なら、最高29.2%になっていました。

法定金利であれば、10万円未満は年利20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上なら15%が上限です。

例えばサラ金で借りた100万円を1年で返済した場合、100万円✕29.2%=29.2万円の利息です。

法定金利で計算し直すと、金利は、100万円✕15%=15万円。

差額は14.2万円です。これが過払い金です。

引き直し計算で戻ってくる過払い金の額

単純に言うとそういうことですが、実際には1年で返済するということもないでしょう。2年目には元金がすでに違っておりますし、追加で借り入れをしたり、返済が遅れて延滞金がついたり、相当複雑になっていると思います。

手計算や電卓ではなかなか大変です。計算ソフトを使って計算するのがいいでしょう。

しかし、イメージしてみてください。

100万円を29%の借り入れで、1年に29万円以下(月にすると2万円ほど)の返済では、サラ金の金利では、金利を払っているだけで、元金が一向に減っていないです。

けれども、法定金利であれば元金も減っていたということになります。

年数が経てば経つほど、差が大きくなっていき、本来であれば、すっかり借金は返し終わっているはずなのに、サラ金業者からの明細書には、ほとんど借りた金額と変わらない残債があることになっていることもありえます。

3年や5年で返済し終わっているはずなのに、10年も返し続けているなんてことになれば、莫大な過払いが発生していることになりますね。

債務整理の相談を専門家に頼めば引き直し計算もしてくれますので、こころあたりがあるようでしたら、相談してみましょう。

時効が近づいているはずなので急ぎましょう。

>>過払い金の相談をしてみる

コメントを残す