過払いの時効は?

044

法改正でグレーゾーン金利がなくなったのが平成22年ですから、もう5年たっています。

過払いの時効は10年なので、平成22年の時点で、グレーゾーン金利で借り入れしていた人はまだ時効は来ていません。完済するなりして取引が終わって10年経っていると時効になります。

10年も前に取引の終わった借金のことなど、もうすっかり忘れているかもしれませんね。

忘れていたのなら、もうほじくり返して過払い金をせしめなくってもいいような気もしますが、現在、[su_highlight background=”#fbfd60″]他から借りている借金を、そちらの過払い金で埋め合わすことができるかもしれません。[/su_highlight]完済した借金から過払いを取り戻してもブラックリストにのることもありません。

なかったはずのお金が湧いてくるチャンスです。よく思い出しましょう。

一度完済して、再び借り入れした場合は?

一度完済しても、再び同じ業者から借り入れがあれば、一連の借金とみなされることがあります。

完済してから、次の借り入れまでの期間や、契約書の内容や、カードが同じか変わっているかや、いろいろな条件によって、[su_highlight background=”#fbfd60″]一連のものと判断されれば、最終の取引から時効が計算されます。[/su_highlight]

10年も前の契約書や明細書が手元に残っていないという場合でも、開示請求できますので、過払い金の返還請求はできます。

専門の弁護士や司法書士に相談するのが早いです。

>>無料で過払い金請求できるかの相談をしてみる

 

コメントを残す