銀行からの借金に過払いはない?

018銀行や信用金庫系のカードローンには過払いは発生しません。

なぜかといえば、金利が利息制限法を超えていないからです。契約書を見れば、年15%以内に収まっていると思います。(10万円未満なら年20%まで。10万円から100万円未満は18%まで。)

利息制限法と出資法の間の「グレーゾーン金利」というような、法の目をくぐるようなリスクのあることを銀行はしないのですね。

しかし、法の目ではなく、顧客の無知と人情につけ込むようなことは、します。

例えば、100万円のフリーローンを借りたとして半分も返していないうちに、営業担当が「借り換えしませんか?」と勧めてくるようなことです。キャンペーンで金利の低いお得なプランがあるんです、なんてことを言います。

返済を5回ほどしたところで、また融資されて、前の借り入れは一括返済です。繰り上げ返済です。

ただ、残債分を借り換えするんではなく、また同額を借りてくださいと言ってきます。ヘタしたら、さらに多い金額をすすめてきます。こちらも手元の現金は多いほど安心という心理が働きます。

「完済して、信用が上がって融資枠が増えました!」などと、いかにもメリットがあるようなことをいったり、「私のノルマをこなせるのでとてもありがたいです。」と下から媚びへつらうようなことをいったりします。

前の借金が消えて、今度は金利が低くなって、ああ儲かった、なんていう錯覚をしたり、担当を助けてやった、といい気になったりしますが、これはアホです。

余分に金利を払って、銀行を儲けさせております。まさにカモです。

何故かと言うと、ローンの返済は、元利均等方式(がんりきんとうほうしき)だからです。

これは月々の返済額は同じだけども、その中身が最初の方は金利のぶんが多く占めていて、だんだんと元金の割合が多くなってくる、というものです。

図にするとこうなります。

motorikintou

返済をし始めた頃は、金利が占める割合が多く、長く返済を続けていけば、ようやく元金が減っていくということになります。

営業担当のおすすめにしたがって、途中で一からやり直し、となったらどうなるでしょう??

また、金利ばっかり払うということになるのですねー!!

これは自分の財布の中身を計算しても、わかりません。でも支払いの明細書をよく見れば気づきます。

借り換えを繰り返しているうちに支払った金額を計算したら、いったい年率何%になるのでしょう??

一つ一つの借り入れは、法定金利内で完済していることになっているでしょうから、ぬかりなく違法にはなっていないと思われます。

金融業者は、いずこもアコギだと思っておいたほうがよいですね。

コメントを残す