キャッシングと自己破産

キャッシングは自己破産のもとです。

0-89

キャッシングは便利です。ないはずのお金を使えるのですから。キャッシングカードは打出の小槌のようなものですね。

しかし、打出の小槌でしたら、お金は出てくるだけですが、キャッシングの場合は、返さないといけないのです。

わざわざ入金しなくても、次のお給料などの入金から引かれていきますので、返すという意識がなくなるのがキャッシングの罠です。

限度枠がありますので、使いすぎることはないはずなんですが、キャッシングに慣れてしまうと、欲しいものを我慢することができなくなるので、今度は消費者金融で借金して、ということになります。

銀行でも最近は使用用途は自由、担保も保証金も無しのフリーローンなんてあります。

キャッシングやサラ金で、いい思いをするのは金融業者でして、利用者は結局苦しむことになります。金利がついて余分に返さないといけないからです。

欲望を我慢できなかったり、ピンチを冷静に判断できず、目先の手段で解決しようという浅はかさが苦しみを招きます。そこにのっかって金融業者がボロ儲けしているんですね。

ご利用は計画的に! っていう計画って、来月の給料で返せるかあ~とか、入金があるはずだから大丈夫だろう、という目先だけでなく、今後の利用の予測まで踏まえて計画するべきですね。どうせまた使うんですから。

計画なしに使ってばかりだと、回りきらなくなって、一気に処理することになります。債務整理だったり、自己破産ということです。

というわけで、キャッシングの利用は、やめておきましょう!

すでにキャッシングなしではやっていけない人は、傷の浅いうちに債務整理です。

傷が浅いんだか、深いんだかわからん人は、シミュレーションがおすすめです。

>>無料匿名でシュミレーター

 

 

コメントを残す